肌のバリア機能

女性肌にはバリア機能が備わっています。これが正常に機能しているならばアトピーになることはないでしょう。肌というのは表面に皮脂膜があり、その下には角質細胞や角質細胞間脂質といったものがあります。これらがバリアの役割を果たして肌を守っているのです。外部から物質が侵入してきたり、水分が蒸発したりすることによる肌の乾燥を防いでいるのです。

そして、アトピーはこの肌のバリア機能が弱まってしまっているために起きてしまいます。外から異物が侵入してきたとしても、それに対抗しなくなってしまうのです。容易に異物が肌の中に入ってきます。これによってアトピーになってしまいます。

特にアトピーの方は角質細胞間脂質が減っているとされています。これによって皮膚が乾燥しやすくなっているのです。乾燥肌を放置しておくと湿疹ができたり、かゆみが悪化してしまうでしょう。

皮膚のバリア機能というのはもともとの体質として低下しやすいケースがあります。また、よく引っ掻いたりこすったりすると低下します。あるいは化粧品や石鹸、紫外線などが原因となることもあります。

皮膚を守る機能が正しく働いていないとアトピーになってしまうのです。この機能を維持することができれば、アトピーを防げるでしょう。


コメントは受け付けていません。