機能を回復するには

肌のバリア機能を高めるためには保湿をすることが大切です。肌が乾燥してしまえばアトピーになりやすくなります。特に角質細胞間脂質のケアが欠かせないでしょう。こちらは栄養不足によって減少してしまいます。そのため、しっかりと日頃の食事でタンパク質やアミノ酸を摂取しましょう。肉や魚、卵、乳製品などを積極的に摂取してください。また、肌のターンオーバーを促すことも大切です。そのためにはビタミンAとビタミンC、そして亜鉛も重要となります。これらは緑黄色野菜や豚レバー、果物などを積極的に食べると良いでしょう。

皮膚を清潔にしておくことは大切です。特にアトピーにかかっている場合は細菌が侵入しやすくなっているため、これを入浴やシャワーでキレイに洗い流しましょう。ただし、肌を洗う際にはゴシゴシとこすらないようにしてください。石鹸やシャンプーについては刺激が少なくて肌にやさしいものを選択しましょう。また、入浴後にはしっかりと肌の保湿をしてください。

軟膏やクリーム、ローションなどを使うのもおすすめできます。これらによって肌の保湿を助けて、肌を守ってくれます。アトピーの方は肌が傷つきやすくなっているため、しっかりと保護しましょう。


コメントは受け付けていません。