アトピーの原因

どうしてアトピー性皮膚炎が起きてしまうのでしょうか。それは肌のバリア機能に異常が生じているからです。皮膚の炎症が長く続いてしまうのがアトピーです。炎症というのは本来は外的と戦うために起きる免疫反応のことです。しかし、アトピーの場合はこの免疫が過剰に反応している状態となっています。そのため、本来は退治する必要のないものに対しても不必要に反応して炎症が起きてしまいます。免疫が過剰に反応しているのです。これは皮膚のバリア機能が低下しているために起きてしまいます。

アトピーの顔また、長期間皮膚に対して強い刺激が加わっていることや、ストレスや疲労などによっても免疫の働きが不安定になり、その結果としてアトピーになることがあります。皮膚への刺激としてはハウスダストやカビ、ダニなどがあります。これらによって物理的な刺激が加わることや、あるいは化学物質が作用することによってアトピーが起きてしまうことがあります。汗や皮膚の汚れ、紫外線などによってもアトピーになるケースがあります。

このようにさまざまな原因で引き起こされてしまうのがアトピーです。特に皮膚のバリア機能が正常に働いていないと起きる可能性が高くなります。バリア機能はとても重要です。


コメントは受け付けていません。